Home » クリスマスについて, ブログ » 「2040年のメリークリスマス」動画あり

「2040年のメリークリスマス」動画あり

2040年のメリークリスマス
「1996年 聖夜の特別編より」
主演:萩原聖人

主人公は漫画家を志していたが、出した原稿はボツにされ、普段はデパートの警備員のバイトで稼いでいる日々だった。

ある夜、デパート内を見回っていると、近くにあった公衆電話が鳴り出した。

おそるおそる受話器をとると、「おじいちゃん?」と問いかける女の子の声が聞こえた。

主人公は人違い、間違い電話と思い、電話を切った。

主人公には好意を抱いている女性がいる。が、彼女は同じデパートの接客員。自分には恋なんて無理だとあきらめた。

その日、警備員の詰所にいると、電話が鳴った。主人公は電話に出ると、「おじいちゃん?」と、先日と同じ女の子の声がした。人違いだと言って切った。

女の子は主人公の家の電話までかけてきた。こないだ補導した女子高生だと思ったが、どうやら違う。

彼女の名は「琥珀」と名乗って、2040年から過去のおじいちゃん(主人公)に電話をかけているという。

話を聞くと、苗字は同じ、主人公は母方の祖父であり、母親は1998年に誕生したという。

琥珀の名前の由来は、おばあちゃんが大事にしていたブローチの宝石から来ていて、2人は大きなクリスマスツリーの前で出会ったという。

だが、主人公は一向に信じようとせず、こんな遊びはやめろと言い、切った。

そして、その直後、主人公の同級生から電話。同窓会に出席するかどうかの返答が主人公だけ来てなかったらしい。

今は漫画を描いていて、締切近いからと嘘をつき、断った。

12月22日 詰所にいた主人公に、また琥珀から電話が。急いで、4階女子トイレが火事だと言う。

遊び半分だと思いながらも行ってみると、彼女の言うとおり、トイレが燃えていた。

すぐさま消火器で消した。駆け付けた消防士にあと5分遅れてたら大変なことになったと感謝された。

帰宅後に、主人公はお礼を言うが、彼女がやったんじゃないかと疑心を抱いて、傷ついた琥珀は電話を切った。

そのあと、再び電話した琥珀は、今描いている原稿を今日中に仕上げてという。

夢をあきらめず、私を信じてと琥珀は言ったが、お前に何がわかるんだ!といわれ、その時、母親にバレかけたらしく、琥珀のほうから切った。

夢を捨て切れない主人公は、彼女の言うとおり、原稿を描いた。

描きあげた直後、出版社から電話。連載に穴があいたから先日の原稿の後半部分を手直しすれば使えるかもと言ってきた。

できたての原稿を持っていくと、あっさり採用された。

12月24日 主人公のいる詰所に琥珀から電話。原稿のお礼を言い、ついでに2040年の世界に、70歳の主人公はいるかと聞くと、突然黙り込んだ。

主人公は事故で死んでしまった。琥珀は主人公がとても好きだったらしく、もう一度、生きている主人公の声を聞きたかったから1996年の世界の主人公に電話したのだ。

だが、過去への違法通話がバレてしまい、電話はこれが最後だという。

でも、30年たてばまた会える、それまでずっと琥珀のことは忘れないと言って、電話を切った。

そこへ仲間の警備員が来た。主人公は見回りに出かけた。

すると、1階で何か探している女性を発見。女性は好意を抱いていた接客員だった

「大切なものを落としたが、昼間も探したが諦めきれなくて・・・」

主人公は一緒に探しはじめ、詰所にいる仲間に1階の電気をつけてもらうよう頼んだ。

が、明かりがつく前に探しものはみつかった。

それは琥珀が埋め込まれたブローチだった。

その時、目の前にあったクリスマスツリーが点灯した。

お互い「メリークリスマス」と言った。

何もかも琥珀が言った通りだった。

 

動画:世にも奇妙な物語「2040年のメリークリスマス」


2013年10月25日 category : クリスマスについて, ブログ 

コメントを書く

コメントを書くにはログインが必要です